歯の裏側に付着した黒ずみ、黄ばみの原因を徹底解剖!また、汚れを落とす超お勧めの方法をご紹介します。

口の中に雑菌はどれぐらいいるの?

私達人間の口の中には、実に300〜700種類もの細菌が生息しています。

 

そして、合計の細菌数は数千億個とも言われています。

 

頻繁に歯を磨く人であっても、1000億〜2000億個。

 

普段あまり歯を磨かない人には、
なんと1兆個も口腔内細菌数が存在しています。

 

数字が大きすぎて、どれぐらいヤバイ量なのかイマイチ想像出来ませんよね。

 

超簡単に言うと、大便中の肛門に付着している菌、
その数百倍の量を一気に口の中に含んでいる状態です。

 

例えがかなりぶっ飛んでて汚らしいですが、イメージは出来たのではないでしょうか。

 

それぐらい、口の中は雑菌だらけで、人間の体内でもっとも汚い場所なのです。

 

歯磨き後、3時間経過したあたりから、雑菌の数は爆発的に増殖し、
8時間ほど何も口腔内ケアをしない状態が続くと、細菌は飽和状態になります。

 

特に、睡眠中は口臭予防となる唾液の分泌量が極端に少なくなり、口腔内が乾燥しています。
口の中の温度で乾燥した状態は、細菌が最も好む環境となり、一気に菌が増殖するのです。

 

起床直後に口臭がきつくなるのは、これが原因です。

 

また、イラ立ちや不安を感じると、人間はストレスにより唾液の分泌量が減ります。

 

唾液の中には、リゾチームという酵素が含まれており、
それが雑菌の細胞壁を溶かし消滅させてくれますが、
唾液の量が減ってしまうと、当然その効果も弱まってしまいます。

 

ストレスの無い健康的な生活をおくるのが、雑菌数を自然に減らすため、口臭予防には理想的です。

 

イケメンや美女、清潔な人でも雑菌は同じように存在しています。

 

雑菌が多ければ多いほど口臭はきつくなるので、菌の数を減らし、
爽やかな息になるように心がけていきましょう!

 

 

 

 

ホームへ戻る