歯の裏側に付着した黒ずみ、黄ばみの原因を徹底解剖!また、汚れを落とす超お勧めの方法をご紹介します。

歯石と歯垢って何が違うの?

よく耳にする「歯石」と「歯垢」。

 

あると良くないっていう認識はあるけど、細かくは分からない。

 

こんな人が多いと思います。

 

実際、「歯石」と「歯垢」の違いって何なのでしょうか。

 

簡単に説明すると、

 

歯垢は歯磨きで除去すること可能。

 

歯石は歯磨きだけでは除去が不可能。

 

この二つに分けられます。

 

歯垢が溜まり、硬くなったものを歯石と呼びます。

 

食べカスが歯と歯の間、歯周ポケット、歯茎に付着することにより、歯垢が形成されます。
そのまま放置すると歯垢が硬くなっていき、歯石となります。

 

文字通り、歯垢は歯の「垢」、歯石は歯の「石」です。

 

「垢」であればすぐに歯磨きで汚れを落とすことが出来ますが、
「石」になってしまうとそうはいきません。

 

歯垢、歯石、共に食べカスではなく、細菌の塊です。

 

爪を使い歯茎を軽く引っ掻くと、白いネバっとした物質が付くのが歯垢の状態で、
まだまだブラッシングで取り除くことが可能な汚れです。

 

逆に、歯を触ってみて表面がザラザラしていた場合、歯石が付着していることが考えられます。

 

放置したままにしてしまうと、当然歯周病になったり、虫歯の原因にもなります。

 

そして何より、見た目が非常に悪くなります。

 

黒、黄色、茶色の歯の人に対して、好印象なイメージを持てますか?

 

持てる人はほとんどいないと思います。

 

汚いだけでなく、歯垢、歯石、共にニオイがきつく口臭の元になるため、
デメリットしかありません。

 

歯が汚くて口も臭い、最悪ですよね。

 

あなたも、一度自分の歯をチェックしてみて下さい。

 

表面だけでなく、歯の裏側や奥歯も徹底的にチェックをしてみて、
歯垢があればすぐに歯磨きを、歯石があれば歯医者へ行ってすぐに除去してもらいましょう。

 

 

 

 

ホームへ戻る