歯の裏側に付着した黒ずみ、黄ばみの原因を徹底解剖!また、汚れを落とす超お勧めの方法をご紹介します。

親知らず(親不知)をそのままにするメリット・デメリット

早い人で高校生ぐらいから、遅い人だと20歳過ぎから生え始める親知らず。

 

奥歯の一番奥にある歯で、不規則な生え方をすることが特徴的です。

 

急に生え始めてくるため、初めてで何も知らないと

 

「なんだこの歯は?」

 

と驚く人も多いようです。

 

親知らず(親不知)は抜いた方がいいの?

 

一般的に、デメリットが多く挙げられる親知らず。

 

すぐに抜いた方がよいとされていますが、
実際に抜かない方が良いケースはあるのでしょうか。

 

親知らずの中にも、ごく稀にまっすぐ生えていて、
上下でピッタリと噛み合う場合があります。

 

このような生え方であれば、何も問題がないため、抜く必要はありません。

 

もちろん、虫歯や歯周病ではなく、
周囲の歯にも悪い影響を及ぼしていないことが大前提ではありますが、
抜かないことでメリットも存在します。

 

将来、年をとった時に、失った歯のところに、自分の親知らずを移植することが可能なのです。

 

あなたの親知らずも、悪さをしていないのであれば、きちんとケアをして将来に備えておきましょう!

 

でも・・・

 

ほとんどの場合は抜いた方がいい!

 

上記のように、親知らずがまっすぐ生え、悪さをしないケースは結構レアです。

 

ほとんどの人の親知らずは、斜めや横に生え、かみ合わせがうまくいきません。

 

さらに、横に歯が生えることで、歯茎に歯が刺さってしまったり、
横の歯とぶつかって痛みを引き起こす原因となります。

 

親知らずは、口の中でも一番奥にあり、歯ブラシが届きにくい場所です。

 

そのため、どうしても磨き残しにより汚れ(歯垢)が溜まってしまい、
それが原因で虫歯になったり、親知らずの周囲の歯ぐきが腫れて痛くなったりします。

 

また、親知らずが虫歯になると、その1つ手前の奥歯にまで範囲が広がり、
被害が拡大する恐れもあります。

 

親知らずの虫歯は、位置的にとても分かりにくいため、
気がついたときには症状がかなり進んでしまい、

治療に時間を要することが多いです。

 

不安であれば、抜いてしまうのも1つの手段だと思います。

 

 

 

 

ホームへ戻る