歯の裏側に付着した黒ずみ、黄ばみの原因を徹底解剖!また、汚れを落とす超お勧めの方法をご紹介します。

虫歯を治療しないとどうなるの?

虫歯になってしまったら、治療をしなければならない。

 

これは当たり前の事ですが、
通院するのが面倒臭い、歯医者が怖いなど、
何らかの理由ですぐに治療をしない人が中にはいます。

 

定期的に歯の検診に行っている人や、初期の段階で虫歯に気付き、すぐに歯医者に行く人は特に問題ありませんが、そうでない人はかなり危険です。

 

面倒くさがって後回しにしてしまうと、後々大変な目にあいます。

 

虫歯の治療は、早いに越したことはありません。

 

そのまま放置しておくと、その症状は悪化の一途を辿ります。

 

では、具体的に虫歯をそのままにしておくとどうなるのでしょうか。

 

◆初期症状◆

 

 

虫歯を放置した場合の初期段階として、
まずは歯が欠けたり溶けるといった、目に見える変化が現れます。

 

この段階でも進行状況としてはかなり進んでいますが、
まだ歯医者で治療をすれば間に合うタイミングでもあります。

 

歯の外側の「エナメル質」は、人間の体で最も硬いといわれ、
いくら細菌といえどそう簡単に溶かすことはできません。

 

それでも、ゆっくりと歯の内側に侵入して来ているので、
すぐに処置を行う必要はあります。

 

エナメル質が破られると、歯の内部は柔らかい「象牙質」に到達してしまうため、
虫歯菌が広がる速度が圧倒的に早まります。

 

◆中期症状◆

 

 

虫歯菌がエナメル質を溶かし、その内側の象牙質をも溶かすと、
次に歯と繋がっている神経を刺激し始め痛みが出てきます。

 

神経が細菌に侵されてしまうと、治療も長期間になり痛い思いをする羽目になります。

 

同じ虫歯でも、歯を少し削るだけの初期症状とは全く異なるのです。

 

◆末期症状◆

 

 

神経が痛み出し後、それを我慢し続けると、
やがて痛みは無くなり治ったかのように感じてしまいます。

 

しかし、これはとても危険なところまで陥ってしまった証拠でもあります。

 

神経の痛みが無くなった = 神経が腐敗して死んでしまった

 

という事であり、一時的に痛みは消えますが、
その後様々な症状が体を蝕み、命の危険を伴う病気へ発展します。

 

神経を腐らせた細菌はさらに進行を続け、アゴの骨に到達、
化膿して炎症を引き起こし、歯茎から出血したり、口の中から膿が出る事あります。

 

さらにあごは感染症にかかり「骨髄炎」を発症し、嘔吐や熱に苦しみ続けます。

 

これだけで体はボロボロになってしまいますが、
他にも「心筋梗塞」「肺炎」「脳梗塞」になる可能性が非常に高くなり、
日常生活に支障をきたす程になってしまいます。

 

たかが虫歯、されど虫歯です。

 

早い段階での治療が全ての分かれ道であることをしっかりと把握し、
少しでも気になったら歯医者へ行き診断してもらいましょう。