歯の裏側に付着した黒ずみ、黄ばみの原因を徹底解剖!また、汚れを落とす超お勧めの方法をご紹介します。

入れ歯になるとどうなるの?

虫歯や歯周病など、様々な理由により歯がダメになってしまうと、
最終的に入れ歯になってしまいます。

 

では、入れ歯になると一体どのようなことが起きるのでしょうか。

 

また、値段はどれぐらいかかるのでしょうか。

 

保険の効く入れ歯と適用外の入れ歯がある?

入れ歯と言っても、総入れ歯や部分入れ歯、
範囲や素材などは、人によって全く異なります。

 

その中でも、保険が適用できる入れ歯と出来ない入れ歯が存在します。

 

保険が適用される入れ歯

 

主な素材がプラスチックで出来ている入れ歯は、保険が適用されます。

 

仮に破損しても、すぐに交換が出来き、
安価であるため、手軽に修理や交換が出来ることが最大の特徴です。

 

また、短時間で作成することが出来、適用範囲も広く、
もっとも利用者数が多い入れ歯でもあります。

 

値段も安く、3万円〜5万円で入れ歯を作ることが出来ます。

 

しかし、プラスチック素材のため汚れや臭いが付きやすく、非常に脆いです。

 

また、プラスチックという性質上、固定させる場所がなく、
粘膜に吸着させるくっつけ方をするので、安定感もありません。

 

そのため、しっかり噛むことも出来ないのが、
保険適用のプラスチック素材入れ歯の欠点となります。

 

他にも、プラスチック素材だと熱伝導が良くないため、
食べ物の熱を感じにくくなる、というデメリットもあります。

 

温かい食べ物、冷たい食べ物、温度が分かりにくくなるので、
ひとえに保険適用と言っても、良い事ばかりではないのです。

 

保険適用外の入れ歯

 

逆に、保険適用外の入れ歯は、高価なものがほとんどですが、
その分メリットもたくさんあります。

 

素材を自分で選択することが出来るので、作製に関するルールが存在しません。

 

歯科医師と相談しながら、自分に適した入れ歯を作ることが可能で、
要望により近い形の入れ歯にすることが出来ます。

 

ただし、保険が完全に適用外となり、全額自己負担となるため、
安くても50万円、高い入れ歯だと100万円するものもあります。

 

多少不便でも、金額の負担を減らすために保険適用の入れ歯を選ぶのか、
お金はかかってもストレスのない生活を選ぶのか。

 

選ぶ物差しは人それぞれですが、自分に適した入れ歯を選ぶことが大切です。