歯の裏側に付着した黒ずみ、黄ばみの原因を徹底解剖!また、汚れを落とす超お勧めの方法をご紹介します。

歯が汚いとこれだけ損をする!

歯が黒かったり、茶色なだけで、想像以上のデメリットがあります。

 

例えば、すっごく爽やかなイケメン、
人形のような美人が目の前にいたとします。

 

オシャレで雰囲気もいい、トークも面白いし優しい。

 

自分のタイプだし、一緒にいて楽しい。

 

理想的で完璧ですよね!

 

しかし、笑った時に見える歯が、ものすごく黄ばんでいて、
黒ずみも目立っていたら・・・

 

これだけで、かなりイメージダウンしてしまうはずです。

 

逆に、ちょっと見た目は冴えないけど、
笑顔が素敵で、笑った時に見える歯が真っ白で綺麗だったら?

 

その人に対するあなたの印象は一気にアップすると思います。

 

「この人清潔なんだろうな」

 

勝手なイメージが先行してしまうんですよね。

 

歯が白くてキレイだと、それだけで好印象になるんです。

 

だけど、歯が黄色、黒い人のイメージは
「汚い」
「不潔そう」
「息が臭そう」

 

マイナスなものばかりです。

 

いくら他で努力しても、
知らないところであなたの評判が下がっているかもしれません。

 

歯が汚い人はそれだけで損をしているんです。

 

『芸能人は歯が命!』

 

一昔前に流行った言葉ですが、
女優や俳優さんの歯ってすごく白くて綺麗です。

 

台詞を言う時には、光る白い歯が印象的です。

 

受ける印象としては、やっぱりいいですよね!

 

私たちは一般人なので、ここまで徹底的にホワイトニングをして
真っ白にする必要はないと思いますが、
最低限の歯の黄ばみや黒ずみは防ぎたいところです。

 

恋人や気になる異性がいるのであれば、
しっかりと鏡で自分の歯を隅々までチェックしておきましょう。

 

 

 

 

ホームへ戻る