歯の裏側に付着した黒ずみ、黄ばみの原因を徹底解剖!また、汚れを落とす超お勧めの方法をご紹介します。

正しい歯ブラシの保管方法は?

いくら歯磨きが丁寧で、歯と歯の間、歯茎の細部など、
隅々まできちんと磨けていたとしても、
肝心の歯ブラシが汚れていては意味がありません。

 

意味がないどころか、逆効果になってしまいます。

 

細菌たっぷりのブラシで掃除してしまっているため、
口内をバイ菌だらけにしてしまうのです。

 

口内を雑菌やウイルスから守るには、
綺麗な歯ブラシを使うことが必須です。

 

日々綺麗な歯ブラシを使うには、正しい保管方法を学ぶことが重要になります。

 

以下のことを徹底し、歯ブラシに付く細菌の増殖を防いでいきましょう!

 

 

 

使用後の歯ブラシはしっかりと洗う

 

当然のことですが、意外と雑に洗う人が多いです。

 

自分の歯を磨くことに満足してしまい、
その後の歯ブラシ自体の掃除が適当になってしまうことがないよう、
しっかりと水洗いをしましょう。

 

注意ポイントは、コップなどに溜めた水ではなく、流水で洗うことです。

 

洗った後は、テッシュで水分を吸い取る

 

丁寧に歯ブラシを洗った後は、毛先についている水分をしっかり吸い取ることが大事です。

 

タオルには雑菌が付きやすいので、ティッシュを使って拭き取りましょう。

 

毛の部分を上に向けて保管する

 

水分をすばやく取り除き、乾燥させることが大切です。

 

時間に余裕があれば、風通しの良い場所に置いておきましょう。

 

より衛生的で、除菌効果も期待できます。

 

日当たりのよい場所に置く

 

細菌は、湿気を好みます。

 

あなたの家の洗面台の近くに、日光が差し込むような場所があれば、
そこの置くのがベストです。

 

もしないようであれば、湿気が少ない場所を選んで置きましょう。

 

 

 

 

 

絶対にやってはいけない保管方法

 

トイレの近くに置くこと。

 

これは絶対にやってはいけません。

 

トイレから出る腸内細菌が、歯ブラシに付着する可能性が高くなります。

 

トイレと洗面台が一緒になっている、ユニットバスの家に住んでいる人は注意が必要です。

 

また、携帯用歯ブラシを持ち歩く時も気を付けなければなりません。

 

基本的に、携帯用歯ブラシはキャップがついているので、
その蓋を完全に閉め切ってしまうことで、
湿気が溜まってしまいます。

 

持ち歩く際は、事前に歯ブラシをしっかりと乾燥させた状態にしておくことが大切です。

 

 

 

 

ホームへ戻る