歯の裏側に付着した黒ずみ、黄ばみの原因を徹底解剖!また、汚れを落とす超お勧めの方法をご紹介します。

銀歯はケアが難しい?

銀歯と普通の歯の間を磨いた後、
歯磨き直後なのにドブのような、
何とも言えない嫌なニオイを経験したことはありませんか?

 

この異様なニオイは、銀歯の人にはよくあることです。

 

健康的な歯と違い、
銀歯は食べカスや歯垢が付きやすいのです。

 

人工物である銀歯は、
虫歯になることで仕方なく差し込む物であり、
本来の健康的な歯と比較してしまうと、やはり人間の体には適していません。

 

銀歯に汚れが付着してしまうと、
なかなか歯ブラシでは落とすことが難しくなります。

 

口の中の異臭が気になるのであれば、
まずは銀歯を入れた場所を疑ってみるべきです。

 

特に、奥歯が虫歯になり、そこに銀歯を差し込んでいる人は注意が必要です。

 

そもそも、奥歯に銀歯がある人は、
1度そこが虫歯になってしまったということですよね?

 

歯磨きは習慣づいているので、同じところばかり磨いてしまい、
以前雑になって虫歯になった場所を、また疎(おろそ)かにしてしまう可能性が高いのです。

 

同じような生活をしていると、
また銀歯の隣の奥歯が虫歯になってしまう危険があります。

銀歯が臭いということは、悪臭を放つ細菌が繁殖している証拠です。

この細菌は、「嫌気性細菌」とも呼ばれ、口臭の原因と直結する細菌です。

 

健康な歯と、銀歯の間を念入りに掃除し、普段から予防に努めましょう。

 

 

 

 

ホームへ戻る